教養・歴史書評

古典古代史全体を渉猟 名著が文庫本で復活=本村凌二

     人生のなかでは、想像もしなかった出来事に遭う。私事にわたるが、私はいわゆる東大受験生だった。ところが、1969年は、学園紛争のあおりで東京大学と東京教育大学の入学試験が中止になった。また、今年の初めごろ、誰が東京オリンピックの延期など想像できただろうか。

     村川堅太郎『オリンピア』(ちくま学芸文庫、1000円)が文庫化された。64年の東京オリンピック前に出版されたが、名著の誉れ高いばかりでなく、読みやすい教養書になっている。

     戦後10年余りたったところで、著者はオリンピアの遺跡を訪れている。選手の宿舎にあたるレオニダイオンは当時発掘中であったという。肝心のスタディオン(競技場)すら58年に発掘が完了したのだから、調査中の課題は少なくなかった。

    残り571文字(全文896文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事