教養・歴史書評

暴君ネロに仕えた人物が「怒り」の処し方を語る=孫崎享

    ×月×日

     私は国際政治を学ぶのに最良の書は、ジョセフ・S・ナイ・ジュニアとデイヴィッド・A・ウェルチの『国際紛争』だと思っている。本書は「国家の行動で、20世紀の学者が知っていることで、ギリシャ人が知らなかったことがあるか」と記述して、ギリシャ古典の重要性を指摘した。それはローマ時代の古典にも通ずる。セネカは後世の欧州思想史に大きい影響を与えている。だから私たちは本来ギリシャやローマの古典に親しんでいいのだが、どうも敷居が高い。セネカにしても『セネカ哲学全集』に倫理論集、 自然論集、倫理書簡集となるとちょっと手が出ない。

     そうした中、手頃な本が出た。セネカ著、ジェイムズ・ロム編『2000年前からローマの哲人は知っていた 怒らない方法』(文響社、1280円)である。私がこの本を買ったのを知って、妻に「あなたでも怒るのがまずいと思っているんですか」と半ば嘲笑された。

    残り953文字(全文1339文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事