教養・歴史アートな時間

舞台 能楽公演2020 新型コロナウイルス終息祈願=小玉祥子

    「翁」観世清和 能楽協会提供
    「翁」観世清和 能楽協会提供

     流儀の垣根を越えて当代を代表する能楽師と宗家クラスが顔をそろえ、人気演目を上演する「能楽公演2020~新型コロナウイルス終息祈願~」(能楽協会、日本能楽会主催)が、7月27日から8月7日まで東京・国立能楽堂で催される。当初は、「東京2020オリンピック・パラリンピック能楽祭」として企画されていたが、名称を改めて内容も一部変更された。名作に親しむには絶好の機会だ。

     7月27日が能「翁(おきな)」(シテ方観世流宗家の観世清和(きよかず)のシテ、狂言方和泉流の野村萬斎の三番叟(さんばそう))、狂言「末広」(狂言方大蔵流宗家の大蔵彌右衛門(やえもん)のシテ)、半能「石橋 古式(こしき)」(シテ方金春(こんぱる)流宗家の金春憲和(のりかず)のシテ)。

    残り1119文字(全文1444文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット