国際・政治ワールドウオッチ

広州 サーモン料理が続々提供中止=太田元子

    広州市内のスーパー店頭に並ぶサーモンの切り身 尹健章氏撮影
    広州市内のスーパー店頭に並ぶサーモンの切り身 尹健章氏撮影

     北京の水産市場で使っていたサーモンを切ったまな板から6月中旬、新型コロナウイルスが検出された。市民の間で、「サーモンによって感染が拡大するのでは」という不安が拡大。「食は広州にあり」といわれ、食に対するこだわりが強い広州でも、サーモン料理の提供を中止する飲食店が相次いでいる。

     北京のウイルス検出を受け、全国の水産市場でウイルス検査が行われたが、いずれも陰性でコロナは確認されなかったという。し…

    残り298文字(全文496文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事