教養・歴史アートな時間

舞台 劇団チョコレートケーキ「無畏(むい)」=濱田元子

    2017年12月「あの記憶の記録」 池村隆司撮影
    2017年12月「あの記憶の記録」 池村隆司撮影

    南京事件の実相に迫る会話劇 劇場+2種類の配信で挑戦

     ナチス・ドイツの狂気を描いた「熱狂」や、あるユダヤ人を通し戦争の理不尽をえぐる「あの記憶の記録」、15年で終わった大正という時代を見つめる「治天ノ君」──。劇団チョコレートケーキは、歴史から現代を照射する硬派な作品で人気を呼ぶ。座付き作家・古川健の書き下ろし新作が「無畏(むい)」だ。

     1937年の盧溝橋事件に端を発した日中戦争で、日本軍の南京占領直後に略奪暴行事件、いわゆる南京事件が起こった。死者は数万人から約30万人ともいわれる。

    残り1139文字(全文1384文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事