教養・歴史アートな時間

美術 おいしい浮世絵展~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~=石川健次

     子どもが早く食べたくて待ちきれないとでもいうように見上げる目線の先にあるのは、皿に盛られたすしだ。図版に挙げた作品である。エビの握りに玉子焼き、それにサバかコハダと思われる青魚の握りがこんもりと盛られている。どれもこの子が好きなすしネタなのだろう。私ならサバかコハダは良いとして、エビの代わりにイカ、玉子焼きよりはむしろ──おっと、それはともかく、すしは子どもから大人まで幅広く愛されていたのだろうとこの一点でよくわかる。

     泰平が続いた江戸時代、すしや天ぷら、うなぎなど今も愛され続けるさまざまな食文化がはぐくまれた。これら多彩な江戸の食文化、食模様を、葛飾北斎や歌川広重、歌川国芳ら同じく江戸が生んだ浮世絵のスーパースターたちの作品で楽しむのが本展だ。

    残り1033文字(全文1361文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット