教養・歴史アートな時間

映画 zk/頭脳警察50 未来への鼓動 半世紀闘った力が未来を作る 最強バンドのドキュメンタリー=寺脇研

(c)2020 ZK PROJECT
(c)2020 ZK PROJECT

「zk」とは、ロックバンド頭脳警察のことである。

 1969年、当時いずれも19歳だった中村治雄(PANTA)と石塚俊明(TOSHI)が4人組のバンドで世に出た。学生運動など争乱の時代に、過激な左翼思想を唱える歌詞は注目を集める。なにしろ、「世界革命戦争宣言」「銃をとれ」「赤軍兵士の詩」などというタイトルの曲を連発し、若者に「革命三部作」ともてはやされたという。

 そうした初期の楽曲は、発売禁止になったり放送禁止になったり物議を醸したものの、彼らは全く動じなかった。「日本のロック史上、最も過激でロックらしさを貫いたバンド」などとされるゆえんである。いわゆる「伝説のバンド」だ。60代以上の方々には懐かしい話だろう。映画には当時の映像も随所に使われていて、往時を偲(しの)ばせてくれる。

残り870文字(全文1213文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事