教養・歴史アートな時間

映画 海底47m 古代マヤの死の迷宮 好評パニックスリラーの続編 逃げ場なくサメに襲われる恐怖=野島孝一

    (c)THE FYZZ FACILITY FILM 11 LTD
    (c)THE FYZZ FACILITY FILM 11 LTD

     夏といえば海、海といえばサメ。スティーブン・スピルバーグ監督の「ジョーズ(Jaws)」が1975年に公開されてから、サメが襲ってくるパニック映画はこの季節の定番となった。サメ映画ブームで幾多の作品が公開されたが、イギリス出身のヨハネス・ロバーツ監督の「海底47m」(2016年)は、中でも評判がよかった。日本でも思わぬヒットを記録し、早速同じスタッフで作られた続編がこれだ。

     アメリカ人の若い姉妹がメキシコで海中につり下げられた鉄の檻(おり)に入ってサメ見物をする。金属のロープが切れて檻は水深47メートルの海底まで落下。姉妹は襲い掛かってくるサメと闘いながら、残り少ないエアや潜水病にも対処しなければならない。「海底47m」は、そんなパニックスリラーだった。

    残り909文字(全文1240文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット