国際・政治ワールドウオッチ

インド 占星術師がコロナ禍を予言?=納家祥

    インドでは占星術は人々にとって身近な存在となっている(写真はイメージ) (Bloomberg)
    インドでは占星術は人々にとって身近な存在となっている(写真はイメージ) (Bloomberg)

     今、インドではあるツイッターでの投稿が話題を呼んでいる。キャリア25年のベテラン占星術師アニルド・クマール・ミシュラ氏が2019年6月に投稿した「欧米諸国で伝染病が流行する。19年11月以降に徐々に広まり始める」という内容だ。

     新型コロナウイルスが欧米諸国で広まり始めたのは20年以降のため、時期に多少のずれはあるが、世間ではコロナという言葉すら知られていなかった時期に投稿されていたことが話題を呼び、…

    残り304文字(全文506文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事