週刊エコノミスト Online論壇・論調

独キャッシュレス決済大手が倒産 不正会計事件に発展か=熊谷徹

    逮捕されたワイヤーカードのブラウン前社長。同社の財務内容の不透明さは以前から指摘されていた(Bloomberg)
    逮捕されたワイヤーカードのブラウン前社長。同社の財務内容の不透明さは以前から指摘されていた(Bloomberg)

     ドイツのキャッシュレス決済サービス会社ワイヤーカードで、19億ユーロ(約2280億円)の預金が会計報告書に架空計上されていたことが判明し、同社は6月25日に倒産した。監督官庁がグローバルなフィンテック企業の不正会計を長年にわたり見抜けなかったことについて批判が強まっている。

     ドイツの公共放送局ARDのニュース番組「ターゲスシャウ」は6月23日付サイトで「ワイヤーカードのブラウン社長は6月19日に辞任。その3日後にミュンヘン検察庁に出頭して帳簿偽造などの疑いで逮捕された。ワイヤーカードの資産の4分の1に相当する19億ユーロの預金は、フィリピンの二つの銀行の信託口座に保管されているはずだったが、調査の結果、初めから存在しなかった疑いが強まっている」と報じた。

     ターゲスシャウによると、1999年創設のワイヤーカードはクレジットカードなどによる決済サービス企業として急成長し、2018年には最大手30社からなるドイツ株価指数(DAX)に名を連ねた。ターゲスシャウは「同社の株式時価総額は、過去10年間で10億ユーロから170億ユーロ(今年2月時点)に増加した」と報じている。

    残り897文字(全文1386文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事