教養・歴史アートな時間

舞台 歌舞伎座 八月花形歌舞伎 父の芸継ぐ2人の共演など堪能 歌舞伎公演がいよいよ再開=小玉祥子

    松本幸四郎演じる切られ与三郎 歌舞伎座提供
    松本幸四郎演じる切られ与三郎 歌舞伎座提供

     新型コロナウイルスの感染拡大により、「二月大歌舞伎」を最後に中止されていた歌舞伎公演が東京・歌舞伎座の「八月花形歌舞伎」(8月1~26日)から再開される。客席は前後左右を空け、通常の約半分とし、場内での飲食やかけ声(大向こう)は禁止。4部制をとり、すべてが1本立てで休憩時間をなくし、俳優とスタッフは部ごとに入れ替える。

     演目は1部が「連獅子」。能の「石橋(しゃっきょう)」に着想を得た河竹黙阿弥作の舞踊。仔獅子をきたえる親獅子の姿が、芸の修業に通じることから、親子で演じられることも多い演目だが、今回は狂言師右近後に親獅子の精を片岡愛之助、狂言師左近後に仔獅子の精を中村壱太郎がつとめる。前半の狂言師と後半の獅子の両方で、先輩、後輩の芸のせめぎ合いが期待される。中村橋之助の浄土の僧遍念、中村歌之助の法華の僧蓮念。

    残り940文字(全文1299文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット