教養・歴史アートな時間

舞台 歌舞伎座 八月花形歌舞伎 父の芸継ぐ2人の共演など堪能 歌舞伎公演がいよいよ再開=小玉祥子

    松本幸四郎演じる切られ与三郎 歌舞伎座提供
    松本幸四郎演じる切られ与三郎 歌舞伎座提供

     新型コロナウイルスの感染拡大により、「二月大歌舞伎」を最後に中止されていた歌舞伎公演が東京・歌舞伎座の「八月花形歌舞伎」(8月1~26日)から再開される。客席は前後左右を空け、通常の約半分とし、場内での飲食やかけ声(大向こう)は禁止。4部制をとり、すべてが1本立てで休憩時間をなくし、俳優とスタッフは部ごとに入れ替える。

     演目は1部が「連獅子」。能の「石橋(しゃっきょう)」に着想を得た河竹黙阿弥作の舞踊。仔獅子をきたえる親獅子の姿が、芸の修業に通じることから、親子で演じられることも多い演目だが、今回は狂言師右近後に親獅子の精を片岡愛之助、狂言師左近後に仔獅子の精を中村壱太郎がつとめる。前半の狂言師と後半の獅子の両方で、先輩、後輩の芸のせめぎ合いが期待される。中村橋之助の浄土の僧遍念、中村歌之助の法華の僧蓮念。

    残り940文字(全文1299文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事