教養・歴史アートな時間

クラシック 藤原歌劇団公演「カルメン」=梅津時比古

    藤原歌劇団講演「カルメン」(2017年) 
    藤原歌劇団講演「カルメン」(2017年) 

    ビゼー作曲 オペラ全4幕〈字幕付き原語(フランス語)上演〉

    安全性に徹底配慮して対応 「カルメン」待望の公演再開

     新型コロナ感染者は新たな増勢を見せているが、その中で、クラシックのコンサートが徐々に再開され始めた。独奏や室内楽を皮切りに、かなり難しいと思われたオーケストラ団体も、シンフォニーや協奏曲まで踏み込んでいる。

     もちろん、バイオリンとピアノのデュオや、弦楽四重奏の場合、演奏者はマスクかフェイスシールドをしたうえに、これまで以上に互いの距離を置いての演奏になる。オーケストラの場合も、管楽器を除いて全員がマスク等を着用し、多くの楽団で、バイオリンのプルト(譜面台)は前の列と後ろの列で1・5メートル、隣同士の椅子は80センチ空けて座る並び方になっている。

    残り1067文字(全文1398文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事