週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

45歳未満の非正規雇用は減少=市岡繁男

 厚生労働省の労働力統計で注目すべきは、長らく低下していた労働参加率(15歳以上人口のうち、働く意志を表明している人=労働力人口の割合)が2012年末ごろから反転していることだ。12年末以降、15〜64歳の男性労働力は140万人も減少したが、同年齢層の女性は150万人増加し、65歳以上の男女300万人以上が新たに労働力として加わった。

 だが、なぜ12年末から労働参加率が上向いたのか。その理由は、(1)12年末からの円安・株高で景気が上向き、労働需要が増加したこと、(2)団塊の世代が65歳になり、定年後の雇用延長期間が切れて人手不足になったことが挙げられる。

残り296文字(全文577文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事