教養・歴史書評

豊かな想像力と時代考証 北宋の悲劇描く傑作漫画=加藤徹

     青木朋(とも)著『天上恋歌~金の皇女と火の薬師~(1)』(秋田書店、600円)は、歴史小説を超えた、新しい趣向の漫画作品だ。

     北宋の宣和(せんわ)5年(1123年)、徽宗(きそう)皇帝の治世。「辺境の蛮族の国」金(きん)国から、かわいらしい姫君が宋の都にやってくる。彼女の名はアイラ。女真(じょしん)族(満洲人の祖先)が建てた金の皇女である。

     アイラは、徽宗の第9皇子・康王(こうおう)との政略結婚のため、兄・ウジュに伴われ、初めて外国にきたのだった。彼女の目には、宋の都の文化や文明が、まぶしく見える。

    残り676文字(全文929文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月29日号

    スガノミクス 狙う株14 バフェットの商社買い ソフトバンク株乱高下 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 ソフトバンクGのMBOは大ショック ■広木 隆17 市場関係者の見通し ■黒岩 泰/小高 貴久/市川 雅浩18 高揚感なき株高に埋もれた 隠れ高財務・割安株 30銘柄 ■大川 智宏21 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット