テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

空中の仮想画面にタッチ コロナで注目の非接触技術=津村明宏/45 

ASKA3Dプレート(樹脂製) アスカネット提供
ASKA3Dプレート(樹脂製) アスカネット提供

 携帯ゲーム機やスマートフォンの登場によって、電子機器の操作技術として一気に普及した「タッチパネル」。従来はボタンやスイッチを押すことで電子機器を動作させるのが一般的だったが、「触れる」という直感的な操作方法によって、電子機器と人をつなぐヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)のあり方を一変させ、使い勝手を大幅に向上させたと言っていい。

 しかし、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって、この「触れる」操作方法に大きな変革が求められるようになってきた。感染拡大抑止の観点から、不特定多数の人が操作する機器に対して「触れたくない」という意識が世界的に顕在化。これによってATM(現金自動受払機)や券売機、エレベーターなどの公共用途はもちろんのこと、ドアノブや家電の操作といった家庭内でも非接触の操作ニーズが高まっており、こ…

残り2997文字(全文3369文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事