国際・政治ワールドウオッチ

スペイン 息を吹き返した再エネ投資=伊藤裕規子

アンダルシア州の大型太太陽熱発電所 筆者撮影
アンダルシア州の大型太太陽熱発電所 筆者撮影

 新型コロナウイルス禍によって大打撃を受けたスペインだが、再生可能エネルギー産業は好調だ。

 スペインは2010年代、手厚い助成によって世界で3本の指に入る再エネ大国となったが、太陽光や風力などの再エネ発電所が乱立。政府が食い止めを図り、発電所への助成を削減したことで投資が一気に冷え込んだため、14~18年は新規稼働がほぼゼロになった。

 18年の政権交代後、再エネ促進に大きくかじが切られたことで、投資が再び活発化。19年は太陽光・風力合わせて6・1ギガワットと原発6基分の発電所が新規稼働した。また、今年8月には中国国有電力大手、中国長江三峡集団が10カ所以上の太陽光発電所を買収するなど、国外資本の顔ぶれも様変わりした。

残り212文字(全文524文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事