国際・政治ワールドウオッチ

イラン ザリフ外相がテヘラン大で講義=佐藤佳奈

    ライブ配信された講義の様子 筆者撮影
    ライブ配信された講義の様子 筆者撮影

     イランのザリフ外相が、国内の名門大学であるテヘラン大学で、「変遷期にある世界」というテーマの講義を行った。講義は全5回、イラン目線での世界情勢について学術的な立場からメッセージを発信した。同氏は冷戦終結から現在に至るまで、世界秩序は変遷期にあるとして、各国が異なる秩序の中にあるために多くの計算違いが生じ、それが望まぬ犠牲を呼んできたと論じた。講義の内容はインスタグラムから世界中にライブ配信された。

     くしくも講義期間の最中に、アラブ首長国連邦(UAE)とイスラエルの国交正常化合意が電撃発表され、仲介役を担ったトランプ米大統領や欧米各国は、歴史的快挙だと称賛した。憲法に全世界の被抑圧者への無条件の支持を謳(うた)うイランは、すぐにパレスチナへの支持を表明。ザリフ外相も講義中に「UAEは安全保障をイスラエルから買おうとしているが、イスラエルは自身の安全保障すら確保できていない、愚行だ」と厳しく非…

    残り111文字(全文512文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事