【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治ワールドウオッチ

2030年には韓国が世界のトップに 非メモリー半導体に巨額投資をするサムスン電子の野望

巨額を投じたサムスン電子の平沢半導体工場「P2」 サムスン電子提供
巨額を投じたサムスン電子の平沢半導体工場「P2」 サムスン電子提供

 サムスン電子は、韓国・平沢(ピョンテク)に新たな半導体工場「P3」を建設する計画を進めている。同社は、2030年に非メモリー半導体業界の世界トップに浮上する目標を打ち出しており、P3はその目標達成のうえで重要な役割を担う。

 また、すでに稼働中のP2工場でも、新たに混用半導体ラインの建設を目指す。P2だけで総額30兆ウォン(約2兆6800億円)の巨額投資を断行しており、20年5月に極端紫外線工程のファウンドリー(受託生産)ラインの建設、6月には3D-NAND型フラッシュメモリー生産ラインの建設を打ち出し、8月末には次世代DRAM製品の量産を開始している。

 新型コロナウイルスの終息もまだ見えない状況にもかかわらず、このような大規模投資に踏み切るのは、半導体市場の支配力を一層強めたい李在鎔(イジェヨン)副会長の強い意志の表れだろう。

 半導体製造分野のオールラウンドプレーヤーを目指し、これまでメモリー半導体事業に比べ軽視されていた非メモリー半導体事業の成長に注力するだけでなく、ファウンドリー事業では世界トップの台湾TSMCを猛追する。李氏の今後の事業手腕が注目される。

(嚴在漢・産業タイムズ社ソウル支局長)

(本誌初出 韓国 半導体工場に大規模投資=嚴在漢 20200922)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事