国際・政治ワールドウオッチ

2030年には韓国が世界のトップに 非メモリー半導体に巨額投資をするサムスン電子の野望

    巨額を投じたサムスン電子の平沢半導体工場「P2」 サムスン電子提供
    巨額を投じたサムスン電子の平沢半導体工場「P2」 サムスン電子提供

     サムスン電子は、韓国・平沢(ピョンテク)に新たな半導体工場「P3」を建設する計画を進めている。同社は、2030年に非メモリー半導体業界の世界トップに浮上する目標を打ち出しており、P3はその目標達成のうえで重要な役割を担う。

     また、すでに稼働中のP2工場でも、新たに混用半導体ラインの建設を目指す。P2だけで総額30兆ウォン(約2兆6800億円)の巨額投資を断行しており、20年5月に極端紫外線工程のファウンドリー(受託生産)ラインの建設、6月には3D-NAND型フラッシュメモリー生産ラインの建設を打ち出し、8月末には次世代DRAM製品の量産を開始している。

     新型コロナウイルスの終息もまだ見えない状況にもかかわらず、このような大規模投資に踏み切るのは、半導体市場の支配力を一層強めたい李在鎔(イジェヨン)副会長の強い意志の表れだろう。

     半導体製造分野のオールラウンドプレーヤーを目指し、これまでメモリー半導体事業に比べ軽視されていた非メモリー半導体事業の成長に注力するだけでなく、ファウンドリー事業では世界トップの台湾TSMCを猛追する。李氏の今後の事業手腕が注目される。

    (嚴在漢・産業タイムズ社ソウル支局長)

    (本誌初出 韓国 半導体工場に大規模投資=嚴在漢 20200922)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事