国際・政治ワールドウオッチ

インド 雨水の資源利用に本腰=上町透

雨水利用について話し合われた「National Water inovation Summit 2020」 (YouTubeより)
雨水利用について話し合われた「National Water inovation Summit 2020」 (YouTubeより)

 インドでは、早ければ2020年にもデリーを含む21の主要都市で地下水が枯渇、30年には水需要が水供給の2倍に達し、6億人が深刻な水不足に直面すると予測されている。

 政府は、19年に設置した統合的水資源管理を所管するジャル・シャクティ(水の力)省を中心に、水資源対策として雨水を貯留し、生活用水としての利用や地下浸透による地下水位回復につなげる事業を推進。20年のモンスーン(雨期)から雨水の貯留・利用を進めるべく、3月13…

残り319文字(全文531文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事