国際・政治論壇・論調

英、EUに協議打ち切り通告 FTA合意なしの離脱強まる=増谷栄一

    10月15日までのFTA交渉合意を求めるジョンソン英首相。EU側は強く反発している(Bloomberg)
    10月15日までのFTA交渉合意を求めるジョンソン英首相。EU側は強く反発している(Bloomberg)

     新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の陰に隠れ、存在感に乏しかった英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)協議が9月に入ってから、にわかに脚光を浴びた。

     発端は英紙『フィナンシャル・タイムズ』が9月7日付で掲載したスクープ記事。ジョンソン英首相が7回にわたる自由貿易協定(FTA)の締結に向けた交渉が一向に進展しないことに業を煮やし、10月15日までに合意しなければ、現在の英・EU離脱の移行期間が終わる12月末以降、英国とEUはWTO(世界貿易機関)ルールに従って貿易を行う。つまりノートレードディール(FTA合意なし)でEUから正式に離脱するとEUに最後通牒(つうちょう)を突き付ける、と報じた。

     さらに、ノートレードディールとなった場合に備え、英政府は昨年12月に合意した離脱協定の「北アイルランド・プロトコル(取り決め)」と共通の土俵を維持するという「LPF(対等な競争環境)」、特に企業向け国家補助金に関する取り決めを書き直した「国内市場法案」(IMB)を議会に提出するとも伝えた。

    残り891文字(全文1341文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット