教養・歴史アートな時間

美術 上田薫展 流れ落ちるジャムやはちみつ 「一瞬の再現」が放つ瑞々しさ=石川健次

    上田薫(スプーンのジャム) 1974年、東京都現代美術館蔵
    上田薫(スプーンのジャム) 1974年、東京都現代美術館蔵

     とってもおいしそうなジャム、それもいちごのジャムだ。スプーンから今にもこぼれ落ちそう。図版に挙げた作品だ。こんがり焼いた食パンにたっぷりのバターとこのジャムを塗ってほおばりたい。カロリーを気にして最近はすっかりご無沙汰のジャムバタートーストが思わず脳裏に浮かんだ。きっと私だけではないようにも思う。写真と見まがうばかりだが、そうではない。絵だ。

     靴や電球など静止した対象を、とりわけ図版の作品のようにスプーンですくわれたジャムやはちみつ、アイスクリームが流れ落ちるなど動きを伴う対象を、いずれも克明に描く独自の「上田流リアリズム」(本展図録から)で魅了する1928年生まれの画家、上田薫に本展は迫る。

    残り977文字(全文1278文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事