国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 治安悪化も「打つ手なし」=橋本孝

    治安改善のプランを打ち出せていないデブラシオ市長 (Bloomberg)
    治安改善のプランを打ち出せていないデブラシオ市長 (Bloomberg)

     ニューヨーク市の治安悪化が止まらない。年初来8月末までに市内で発生した殺人事件は昨年比34%、発砲事件は87%の増加となった。

     事態を受けて9月、ニューヨークで活動する160社超の企業経営者らが共同で、治安を早急に改善するよう、デブラシオ市長に申し入れを行った。経営者らは、「安心して暮らせる安全で、衛生的な環境の早期実現」を求めている。

     これに対し、デブラシオ市長はツイッターで反応。「市のサービスを回復するためには、州政府と連邦政府の支援が必要」と回答したが、市としての具体的な計画への言及はなく失望感が広がっている。

    残り236文字(全文498文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット