国際・政治ワールドウオッチ

台湾 「なんちゃって出国」便が人気=井上雄介

    免税店や機内食が売り エバー空港のサイトより
    免税店や機内食が売り エバー空港のサイトより

     国際線の旅客機で他国の上空を飛び、着陸せずに帰ってくる「なんちゃって出国」便が人気だ。

     束の間の海外旅行気分を味わえる遊覧飛行の発案者は、台湾内政部の陳宗彦次官。6月ごろ、国際便の運航がほぼ途絶えて空港が開店休業状態になるなか、台湾の航空各社が3日に1度、機体の維持などのために保有機を飛行させていることを知り、いっそ客を乗せて飛ばすことを思いついたという。

     航空各社は初めは乗り気ではなかったが、最大手のエバー航空が飛ばしてみたところ、予約が殺到する「大当たり」に。他の航空3社も慌てて追随した。新型コロナウイルスの抑え込み後、6月に国内旅行が解禁になり、観光を我慢していた国民が飛び付いた。

    残り191文字(全文489文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事