国際・政治ワールドウオッチ

ベトナム 国産品への消費意欲高まる=庄浩充

    自国製品への購入意欲が高まるベトナム (Bloomberg)
    自国製品への購入意欲が高まるベトナム (Bloomberg)

     ベトナムでは消費者の76%が輸入品に比べ国産品の購入を優先していることが明らかになった。市場調査会社ニールセンは7月、「国産品のみを購入する」との回答が17%、「国産品を中心に購入する」との回答が59%となり、それぞれ世界平均の11%、54%を上回ったと発表した。

     また、ベトナムにはコロナ禍で影響を受けた国内生産者を支援したいと考える消費者が多いことも分かった。中国向けのドラゴンフルーツなどの輸出が停滞…

    残り307文字(全文511文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事