週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第112話 男爵=板谷敏彦

    (前号まで)

     是清と深井英五は日露戦争にかかわるすべての資金調達を終えて帰国した。熾烈(しれつ)な建艦競争の中、国家は莫大(ばくだい)な借金を抱えながら新たな予算を必要としていた。

     明治40(1907)年の5月に帰朝した是清は、長い旅の生活からは解放されたが、日本銀行副総裁兼横浜正金銀行頭取、さらに貴族院勅撰(ちょくせん)議員の役職ではなかなか休む間もなかった。

     一方で是清に同行した深井は、是清の現場で培われた現実に対する深い洞察力や決断力を目にして、自身のキャリアについて考えるところがあった。調査部的な秘書役のままでよいのか、あるいは営業活動の現場を経験すべきかである。

    残り2495文字(全文2784文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット