週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第113話 伊藤博文=板谷敏彦

    (前号まで)

     日露戦争に関わるファイナンスを終えた是清と深井英五。是清の秘書役を務めた深井は、日本銀行の業務を広く経験したいと、営業局への異動を懇願する。

     明治40(1907)年9月16日、これは是清が男爵を叙爵される1週間ほど前のことだ。

     この日、渋沢栄一は韓国統監の伊藤博文を飛鳥山の私邸に招待した。伊藤の他には統監府武官村田惇陸軍少将、統監府会計課長児玉秀雄、水町袈裟六大蔵次官、荒井賢太郎主計局長、松尾臣善(しげよし)日銀総裁に副総裁の是清が呼ばれていた。

     渋沢はなぜ、韓国統監府と金融財政関係者の重鎮をもてなす必要があったのだろうか。

    残り2431文字(全文2703文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月25日号

    狙える不動産14 大手から個人まで 沸騰! 不動産投資 ■中園 敦二16 不動産CFの注意点 事業者の信用力や目利き力を要確認 ■成本 治男18 J─REIT 手堅くいくなら物流と住居系 ■関 大介21 インタビュー 唐池恒二 JR九州会長 「REIT参入で不動産事業拡大 貸倉庫・貸物流拠点も展開す [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事