週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第114話 直子=板谷敏彦

    (前号まで)

     韓国併合に慎重な伊藤博文は韓国独自の中央銀行設立を構想するが、桂首相ら併合派と対立、総督を辞任した伊藤はハルビン駅頭で朝鮮民族主義者の安重根に暗殺される。

     高橋是清の記録に彼の葉山の別荘が登場するのは明治31(1898)年の2月9日が最初である。

     これは日露戦争の6年前、横浜正金銀行副頭取として「外債発行調査の旅」に出る時だった。

     この時はいまだ一部未完成の葉山の別荘から出発して、逗子駅から官設鉄道に乗車し、大船駅で東海道線に乗り継いで神戸まで行っている。

    残り2499文字(全文2736文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事