週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第115話 日銀総裁=板谷敏彦

    (前号まで)

     日露戦争に関わるファイナンスを終えた是清。柳子と品子、二人の妻に加え高橋家に入っていた鈴木直子は次女喜美子を産む。長女和喜子とは18歳の年の差だった。

     是清はペルーでの銀山開発に失敗した後の明治25(1892)年に、本店建築現場の事務として日本銀行に入行した。入行は当時の川田小一郎総裁直接のスカウトではあったが、是清にはどうしても山師だという評判がつきまとい、最初は正行員ではなく臨時雇いの身分だった。

     ところが是清が現場でいろいろとアイデアを出して実績をあげると、翌年には早くも下関の西部(さいぶ)支店長に抜擢(ばってき)された。当時の日銀には大阪と西部の二つの支店しかなかったが、その一つだった。

    残り2534文字(全文2842文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事