国際・政治ワシントンDC

生徒の障害支援にも一助 オンライン授業への移行=小林知代

    飽きさせないよう工夫が必要(Bloomberg)
    飽きさせないよう工夫が必要(Bloomberg)

     筆者の友人は、小学2年生の双子を持つ。兄はクラスで成績上位、弟は左耳に聴覚障害を持つ。米国では、9月に新学年が始まるが、ほとんどの公立学校ではオンライン教育が続行される。何でも一番でないと済まない兄は、オンラインで競争心がなえるどころか「僕が早く提出した」と画面上で他の生徒と競い合う。一方、弟は授業への集中度が増したという。教室では、補聴器が教師の声だけではなく不特定多数の生徒のおしゃべりも拾ってしまう。しかし、オンラインでは、教師と、発言を許された生徒の音声のみ端末に届くよう操作されているからだ。

     公立学校では一時期、通学再開、もしくは通学・リモートのハイブリッドという方法も議論されたが、感染が再拡大する中、完全オンラインの続行となった。筆者の住むワシントンDC周辺では、授業で使うアプリがインストールされた小型端末が生徒全員に無償で配給された。オンライン教育への移行は順調に進んでいるようだ。

    残り882文字(全文1285文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事