国際・政治話題の記事

米最高裁判事の指名 保守派バレット氏 大統領再選切り札に=浅野貴昭

    社会保障を巡る判断にも影響か (Bloomberg)
    社会保障を巡る判断にも影響か (Bloomberg)

     トランプ米大統領は9月26日、エイミー・バレット氏を、急逝したギンズバーグ連邦最高裁判事の後任に指名した。バレット氏は、保守派判事の下で調査官を務めた後、15年間にわたって法学者として教べんを執り、2017年にはトランプ大統領の指名を受けて連邦控訴裁判事に就任している。カトリック教徒でもある同氏は保守的な法解釈の持ち主として知られる。

     この後任人事が成立すれば、最高裁判事の構成は保守派6人、リベラル派3人となる。トランプ大統領はゴーサッチ、カバノーの2人の保守派判事を最高裁に送り込む機会に恵まれたが、それでも最高裁は過去の判例を重視し、現状維持を志向しており、保守層から少なからぬ不満を買っていた。トランプ大統領が3人目の判事を据えることができれば、最高裁の中心線がさらに右へと動く。

    残り727文字(全文1073文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット