国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 瀕死のブロードウェー救済の動き=冷泉彰彦

    政治はブロードウェイを守ることができるか (Bloomberg)
    政治はブロードウェイを守ることができるか (Bloomberg)

     演劇とミュージカルの世界的中心地であるニューヨークのブロードウェーだが、新型コロナウイルスの影響で3月中旬以降、営業は停止。業界は「瀕死(ひんし)」の状況に陥っている。生の歌唱が見どころのミュージカルは、感染拡大が収束しない状況での本格的な再開は難しく、営業再開は最短で2021年の半ばになるとの見通しもある。

     これにより文化的なダメージはもとより、経済も大きな打撃を受けている。ブロードウェーの総売り上げは18年から19年にかけてのシーズンで約1兆5000億円に達し、10万人規模のフルタイム雇用を支えてきたとされる。さらに、ブロードウェーの観客を対象とした飲食や小売り、地元の経済にも深刻なダメージを与えている。

    残り194文字(全文503文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事