国際・政治ワールドウオッチ

ブラジル ソニーがテレビ市場から撤退=美代賢志

    固定回線の契約数も減少傾向にある 筆者撮影
    固定回線の契約数も減少傾向にある 筆者撮影

     ソニーが、2021年3月をもってテレビなどのブラジル国内製造から撤退し、同年半ばには直販も終了する。ゲーム機とプロ用機器を除き、事実上の撤退だ。携帯電話事業からも撤退済みで、同社製品を一般の消費者が販売店で目にする機会は皆無といってよい。

     国内市場に目を向けると、テレビの販売台数は、19年に1290万3304台で前年比7%増、製造台数も10%増加した。だが売り上げでは、前年比マイナス3・4%の457万ド…

    残り306文字(全文510文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事