国際・政治ワールドウオッチ

インド 悲観論が漂う祭礼シーズン=成田範道

    冬にかけて重要な祭りが続く (Bloomberg)
    冬にかけて重要な祭りが続く (Bloomberg)

     インドでは冬を前にしての祭礼シーズンに入る。10月末にはインド3大祭りの一つであるダシャラ祭や東インドで人気のドゥルガ・プージャ祭、11月半ばには北インドの人にとっては正月にあたるディワリ祭など重要な祭りが続く。

     しかし、今年は新型コロナウイルス感染がいまだ収束の気配を見せておらず、例年とは全く違った状況にある。

     政府にとっては、長く続いたロックダウン(都市封鎖)を緩和せざるを得ない中、改めて祭礼での移動や集会に制限を加えるかどうか悩むところだ。人々の中にも帰省などを自粛すべきか迷う人や祭礼シーズンで感染の再拡大を心配する人もいる。

    残り224文字(全文494文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事