国際・政治東奔政走

トランプ氏のコロナ感染に日本政府が大慌てした理由=及川正也

    医療機関へ向かうため大統領専用ヘリ「マリーンワン」から降りるトランプ氏。その容体は日本にも大きく影響する(米メリーランド州で10月2日)(Bloomberg)
    医療機関へ向かうため大統領専用ヘリ「マリーンワン」から降りるトランプ氏。その容体は日本にも大きく影響する(米メリーランド州で10月2日)(Bloomberg)

     トランプ米大統領の新型コロナウイルス感染は、日本政府にも衝撃を与えた。容体を心配する菅義偉首相自ら情報収集するよう檄(げき)を飛ばしたという。11月3日の大統領選投票日まで1カ月のタイミングでの選挙活動中断はどんな影響を及ぼすのか、不測の事態が起きればどうなるのか。休日返上で対応に追われている。

    「体調はかなり悪いのではないか。現地で慌ただしくなったのは夜中からで、発表は未明だ」。ニュースの一報に接した日米外交関係者は10月2日夕、こう語った。トランプ氏が検査で陽性反応が出たとツイッターで明かしたのは現地時間2日午前1時前。日本では2日午後2時前で、日本メディアが現地に先んじて次々と速報した。

     急を要したことは、2日午後に大統領専用ヘリコプター「マリーンワン」でワシントン近郊のウォルター・リード陸軍病院へ向かったことから分かる。ベセスダ海軍病院や国立衛生研究所(NIH)が近接する医療施設群の一角にあり、大統領専属の医療機関だ。メドウズ大統領首席補佐官が3日になって米FOXニュースに「過去24時間の大統領は発熱があり、血液中の酸素濃度が急激に下がった。心配な状況だった」と明かし酸素吸入す…

    残り1582文字(全文2082文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット