教養・歴史書評

崩壊までの経緯で追う 憲法と政治との関わり=井上寿一

     坂野潤治『明治憲法体制の確立』(東京大学出版会)は刊行から半世紀近くを経て古典的な名著となっている。近代日本の出発点における藩閥政府の「富国強兵」と民党の「民力休養」の対立は、明治憲法の制定をとおして「富国強兵」の側に収束する。他方で議会政治における政党の地位の向上が同時進行する。本書はこのような政治過程を明治憲法体制の確立過程として描き出す。高度な史料実証に裏づけられた精緻な分析と自在な歴史解釈は、追随者を魅了し続けて今日に至る。

     追随者が追いつく前に、著者は研究対象の時間軸を、「万世一系」の天皇が支配する専制的な憲法体制が始まった1937年にまで延伸しながら、研究対象の領域も拡大する。長年の独創的な研究は、『明治憲法史』(ちくま新書、820円)によって、広範な読者にその内容が届けられることになった。

    残り528文字(全文885文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事