教養・歴史アートな時間

美術 特別展「桃山―天下人の100年」 信長、秀吉ら英雄割拠の時代 華麗で豪壮な名作が目白押し=石川健次

    ≪唐獅子図屏風≫狩野永徳筆 安土桃山時代・16世紀 東京・宮内庁三の丸尚蔵館蔵 後期(11月3日~同29日)展示
    ≪唐獅子図屏風≫狩野永徳筆 安土桃山時代・16世紀 東京・宮内庁三の丸尚蔵館蔵 後期(11月3日~同29日)展示

     威風堂々、豪壮華麗な桃山文化を代表する一点だろう。図版の作品だ。縦の長さは2メートル20センチを、横は4メートル50センチを超える。破格の大画面だ。「地と雲の間に境を設けずに連続して金箔(きんぱく)を」(本展図録)貼ることで、その平坦(へいたん)な画面から唐獅子が躍り出るように迫り来る印象を強調する一方、「左手前の岩と奥の崖だけを描いて」(同)唐獅子が歩む道を、地面を目に見える形に描き出してもいる。

     織田信長、豊臣秀吉と2人の天下人に寵愛(ちょうあい)された狩野永徳の力量を示す、日本美術史上屈指の傑作である。信長、秀吉が天下人として政治を執った時代を織豊時代、居城のあった地にちなんで安土桃山時代とも呼ぶ。この時代を中心に室町時代末から江戸時代初めにかけて花開いた「日本美術史上もっとも華麗で豪壮な文化」(同)と呼ばれる桃山文化がはぐくんだ美術の名作に本展は迫る。

    残り989文字(全文1375文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事