経済・企業話題の記事

国産ジェット凍結 米での試験飛行中止響く 開発費·人員の一段削減も=杉山勝彦

    パリ航空ショーで初披露のMSJ(2019年6月) (Bloomberg)
    パリ航空ショーで初披露のMSJ(2019年6月) (Bloomberg)

     10月22日、共同通信から「国産ジェット旅客機の開発、事実上凍結へ」という記事が配信され、メディアが相次いで報道するなど大きな話題になっている。しかし、冷静に考えれば驚くことではない。三菱航空機と三菱重工業による日本初の大型民間ジェット機(MSJ、三菱スペースジェット)の開発は、すでに2020年の春先から事実上の凍結状態にあるからだ。完全撤退なら話は別だが。

     MSJは15年に初飛行に成功したが、開発は苦難の連続だった。17年から19年までの3年間における設計変更と改良は900カ所を超えた。

    残り977文字(全文1225文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事