経済・企業話題の記事

米テスラ5期連続黒字 生産能力200万台へ=遠藤功治

    米カリフォルニアのステーションで充電されるテスラの車両 (Bloomberg)
    米カリフォルニアのステーションで充電されるテスラの車両 (Bloomberg)

     米テスラが2020年第3四半期(7~9月)の決算を発表した。出荷台数は約14万台と前年同期比44%増、営業利益は約8.1億ドルと3倍増、営業利益率は9.2%でこれら数字は全て過去最高。これで初の5四半期連続での黒字となった。

     この7~9月期は最悪期を脱したとはいえ、まだ新型コロナの影響が色濃く残り、トヨタ自動車をはじめ、世界の大半の自動車会社は大幅な減益ないしは赤字決算である。これに比べるとテスラの業績は突出している。米国ZEV(無公害車)法を唯一クリアするテスラは、今まで他社へのクレジット(温暖化ガスの排出枠)売却益により利益を確保していたのだが、今回は4億ドルのクレジット売却益に対し、その2倍の額の営業利益を確保した。

     イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)への巨額な成功報酬が一般管理費を大幅に押し上げたのだが、この影響を完全にオフセットしてこの利益率を確保したのは、米国・欧州・中国における好調な「モデル3」の販売によるところが大きい。マスクCEOは今期50万台の年間販売目標を維持、結果この第4四半期(10~12月)は18万台強の販売(前年同期比60%増)となり、仮にこれが達成できれば、出荷・利益ともにまた記…

    残り853文字(全文1369文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事