国際・政治ワールドウオッチ

広州 歴史的建物が取り壊しの危機=太田元子

    取り壊し予定の商店街 尹健章撮影
    取り壊し予定の商店街 尹健章撮影

     歴史的建造物が多く、広州の名所の一つとなっている東山地区の一部が取り壊しの危機にあり、市民が不満を募らせている。

     東山地区は広州市中心部に位置し、中華民国時代に作られたレンガや石造りの洋館が建ち並ぶ閑静な住宅地で、古くから役人など特権階級の居住エリアとして栄えてきた。現在も軍や政府関係者が多く住んでおり、アンティーク好きな外国人にも人気がある。おしゃれな建物を利用したカフェやバー、ギャラリー…

    残り298文字(全文496文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事