国際・政治ワールドウオッチ

スウェーデン 今年100歳が過去最多に=綿貫朋子

    自治体への給付金を大幅増強し高齢者福祉拡充を図る(首都ストックホルム) (Bloomberg)
    自治体への給付金を大幅増強し高齢者福祉拡充を図る(首都ストックホルム) (Bloomberg)

     スウェーデンでは今年、100歳を迎える人の数が過去最多となった。同国統計庁によると、その数は誕生日後に亡くなった108人を含めて合計1563人。新型コロナウイルスで多くの高齢者が亡くなったが、最高齢層の数は増えているのだという。

     筆者の知人Uさんも、今年100歳を迎えた一人だ。Uさんは、体の不調も絶えないが、住み慣れた街、亡き夫と過ごした自宅で自分らしく暮らしたいと、一人での生活を選んだ。

     Uさんを支えたのは、訪問家事・介護サービスだ。スウェーデンでは、自治体が認定した高齢者や障害を持つ人などに、買い物や家事といった日常生活の手伝いを提供する。個人負担は自治体や収入で異なるが、ストックホルム県のある市では、腕に付ける非常用連絡ボタンと月3時間未満の家事・介護が月額約7700円、あるいは月9時間以上の家事・介護が月額約2万6000円(=国によって定められた上限額)など、いくつかのレベ…

    残り121文字(全文518文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事