国際・政治ワールドウオッチ

オーストラリア 近づくゼロ金利=守屋太郎

     豪準備銀行(中央銀行)は11月3日、政策金利をさらに0・15ポイント引き下げ、0・1%とした。国債を1000億豪ドル(約7兆4500億円)買い増すなど量的緩和政策も拡大した。政府はこれまで雇用維持調整金や失業手当の増額などコロナ経済対策に2990億豪ドルを拠出。手厚い雇用支援を背景に、9月の失業率は6・9%と主要国より低水準にとどまった。

     感染拡大も比較的抑えられている。8月初旬をピークに、南部メルボルンが感染第2波に襲われたが、夜間外出禁止令や州境封鎖で封じ込め、直近の全国の新規感染者数は1桁台で推移する。

    残り229文字(全文487文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事