週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第119話 大正政変=板谷敏彦

    (前号まで)

     辛亥(しんがい)革命により清朝が終焉(しゅうえん)、国内では明治天皇が崩御し大正が始まった。正貨危機の中、日銀総裁である是清と山本達雄蔵相の対立が続いていた。

     大正元(1912)年12月2日、陸軍2個師団増設が認められなかった第2次西園寺公望内閣の陸軍大臣上原勇作は、首相を経由せずに単独で天皇に帷幄上奏(いあくじょうそう)し辞表を提出した。陸軍大臣なしでは内閣が成立しない。

     西園寺は長州閥の桂太郎や山県有朋に接触するが、もとより両者に陸軍大臣の後任を推薦する気配はない。

    残り2656文字(全文2900文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事