教養・歴史アートな時間

美術 1894 Visions ルドン、ロートレック展=石川健次

    山本芳翠≪浦島≫1893-95年ごろ 油彩/画布 122.0×168.0cm 岐阜美術館蔵
    山本芳翠≪浦島≫1893-95年ごろ 油彩/画布 122.0×168.0cm 岐阜美術館蔵

    草創期の洋画家の苦闘はじめ多くの美術的画期に注目の展示

     まずは図版を──。あっ、題名は見ないで。どのような作品と思われるだろうか。大きな亀の背に凛々(りり)しい姿で立つ青年は、大切そうに両手で箱を抱えている。そのすぐ後ろ、子どもの姿をした従者が持っているのは釣り竿だ。さらに目を後方へ向けると、白いドレスに身を包んだ美貌の女性が……。

     おとぎ話の「浦島太郎」が主題なのは一目瞭然だろう。パリに留学して本格的に油彩画を学んだ近代洋画草創期の画家、山本芳翠(ほうすい)(1850〜1906)の《浦島》だ。長く中国美術を範としてきた日本の美術は、近代に入って西洋へ目を転じた。洋画、つまり油彩画の技術を習得した日本の洋画家が次に直面したのは、いったい何を、どう描くのか? 言い換えれば西洋のまねではない、独自の油彩画の創造だった。《浦島》は…

    残り1060文字(全文1427文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事