国際・政治ワールドウオッチ

カリフォルニア “除外”された「ギグワーカー」=瀧口範子

    労働者の格差は広がっている (Bloomberg)
    労働者の格差は広がっている (Bloomberg)

     11月上旬にカリフォルニア州で行われた住民投票で、配車サービスのウーバーやリフトの運転手など、ネット上のプラットフォームを介して単発の仕事(ギグワーク)を請け負う労働者「ギグワーカー」を社員の扱いではなく、従来通り個人事業主として扱うという企業側の主張が認められた。

     ウーバーやリフトの労働組織などは、「ギグワーカーの労働によって売り上げを拡大しながらも十分な保障が行われていない」として企業を…

    残り297文字(全文495文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事