【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史鎌田浩毅の役に立つ地学

地磁気の大きな恩恵 太陽風から生命を守る「バリアー」/30

 地球の北極と南極付近からは「地磁気」と呼ばれる磁力線が出ており、その影響にある範囲を「磁気圏」と言う。この地磁気は、宇宙空間の中で地球上の生物を守る「バリアー」としての重要な役割を果たしている。

 地球は真空状態の宇宙から有害な「宇宙線」を絶えず浴びている。宇宙線とは銀河や太陽から高速で地球に降り注ぐ「素粒子」である。地球の大気圏に侵入すると、大気に含まれる酸素や窒素の原子核と反応を起こす。

 地球に到達する宇宙線の中で最大の発生源は太陽であり、電離した粒子は「太陽風」と呼ばれている。太陽の表面は「コロナ」と呼ばれるセ氏100万度もの極めて高温の大気で覆われている。コロナはときどき爆発的に膨張し、陽子と電子の粒子からなる「プラズマ」が太陽の外へ飛び出し地球まで達する。これが太陽風の正体である。

残り830文字(全文1181文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事