国際・政治ワールドウオッチ

インド 減らぬカースト絡みの名誉殺人=中島敬二

    「職を奪われる可能性が高い」と指摘が…… (Bloomberg)
    「職を奪われる可能性が高い」と指摘が…… (Bloomberg)

     インドの首都デリー近郊のグルグラム(旧称グルガオン)で11月、28歳の男性が同じ村の青年らに殺された。青年らは、男性がインドの伝統的身分制度「カースト制度」の外側に属するダリット(不可触民)出身の女性と結婚したことで、コミュニティーが汚されたと主張する。

     1947年の独立時には全インド人口の半数をダリットが占めていた。独立の父ガンジーは彼らをハリジャン(神の子)と呼び、インド憲法を作った初代法務…

    残り302文字(全文502文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事