教養・歴史書評

歴史書の棚 鍵は自衛隊と警察の関係 50年前の事件の謎を解く=井上寿一

     今年は三島由紀夫の没後50年だった。評者は事件が起きたすぐ近くの中学校に通っていた。その日のただならぬ雰囲気は教室にも伝わってきた。帰宅すると三島ファンの父がかき集めてきた新聞の号外をみせてくれた。1970年11月25日のあの日、本当は何が起きたのだろうか。

     事件の衝撃度の強さから忘れられがちな疑問がある。西法太郎『三島由紀夫事件 50年目の証言』(新潮社、1800円)が指摘するように、なぜセキュリティー管理がもっとも厳格な場所の自衛隊の駐屯地にもかかわらず、刀剣を持ったまま検問をすり抜けて、総監の陸相を人質にとり、手数のかかる方法で自決することができたのかということである。

     本書は裁判記録の精査や関係者へのインタビューに依拠しながら、「七〇年安保」前後の時代状況における自衛隊と警察の複雑で微妙な関係に焦点を合わせて分析することでこの疑問を解く。

    残り526文字(全文905文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事