週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

借金で消費する米国人=市岡繁男

     米サザン・メソジスト大学のラビ・バトラ教授は、1999年に出版の邦訳書『大予測・世界経済』で「(1)賃金の伸びが生産性の向上に劣るため企業収益は急増、株価も急騰する。賃金が増えないので生産と消費の需給バランスは借入金増で維持される。(2)その需給ギャップが表面化すると、株価は下落し景気後退は不可避となる」と予測した。その後、(2)は2008年のリーマン・ショックで現実となった。そこで同教授の論拠である(1)のポイントを検証してみた(図1)。

     90年3月を起点に、米国の実質ベースの労働者賃金、労働生産性、家計消費支出、企業収益、家計借入残高の推移をみると、実質賃金はこの30年間で10%(年率0・3%)しか増加していない。これに対し生産性は85%(年率2・1%)も改善した結果、企業収益は3・1倍になった。また労働者の実質賃金は横ばいなのに消費支出額は2倍以上になり、そのギャップを埋めた家計借り入れは4・7倍になった。まさに同教授の指摘通…

    残り152文字(全文575文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事