週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

日経平均先物は夜間に上昇する=市岡繁男

     世界の株式取引全体の85%がコンピューターのAI(人工知能)取引らしい。AIは将棋などで意表をついた打ち方をするというが、株式投資でもそれは同じで、市場参加者の裏をかき、空売りの買い戻しをてこに株価を押し上げてきた。

     そんなAI投資の典型が日経平均先物取引だ。同先物の取引時間は8時45分〜15時15分(日中)と16時半〜翌朝5時半(夜間)に分かれる。ここで日中と夜間に分けて、始値で買って終値で売る取引を毎日繰り返した場合、直近8年間の累計損益…

    残り338文字(全文562文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事