週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

過剰マネーが穀物に向かうとき=市岡繁男

     1970年以降、米国の金や株式が実質6倍以上に高騰する一方で賃金は9%しか上がらなかった。それでも騒ぎにならなかったのは小麦が4割も値下がりしたからだ(図1)。

     この間、世界の人口は約2倍になったが、小麦の生産高はそれ以上のペースで増加した。1人当たり生産面積が半減したのに生産が増えたのは単収が2・3倍になったことによる(図2)。これは農業技術の進歩や肥料の投入もあるが、それ以上に地球温暖化の「恩恵」が大きい(当コラム2019年10月15日号「温暖化の見…

    残り346文字(全文576文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事